1日限定 鍵ハモ100人隊、                華麗に演奏 美しく解散(後編)

11月8日(日)
リハーサルを終え、
小雨降る中、100人隊はカラフルな雨合羽に身を包み、
刈谷市総合文化センターから刈谷市産業振興センターへ大移動。
会場横で音出しの打合せをして、屋外ステージへ入場。
DSC_4241

DSC_4270

ステージと客席周りをぐるっと100人隊が囲む。
司会者がなかなか登場しないという面白いハプニングを経て
橋本さんの指揮により演奏が始まった。
DSC_4291

DSC_4295

DSC_4298

DSC_4305

DSC_4308

DSC_4312
当日参加組による”ソ”の音を順番に回す”おとのわ(音の輪)”から静かに始まり、
事前練習参加組とソロパートが加わる。
ふわふわと音が合わさっては消え
リズムを刻んでは消え
メロディーが現れては消え・・・
音の表情が変化していく。
会場で聴いて下さったお客様はどう感じただろうか。
最後は「ドーーーーー」と全員で決めて演奏終了。
余韻が会場に一瞬残る。
DSC_4314

DSC_4316

DSC_4323

DSC_4327

DSC_4336
リハーサルよりも息の合った演奏だった。
達成感と満足感を味わった。
演奏の後は、市民劇『はるかにつながる空の下』出演者による公演PR。
一般市民とは言え、今は役者。元気いっぱいの明るい公演PRをしてくれた。
DSC_4347
鍵ハモ100人隊はお客様から笑顔と拍手をいただき
何とも楽しい夢の時間を過ごし
気持ちよく解散した。

もしかすると
またいつか再結成される日が来るかもしれない・・・
DSC_4374

さて、今回は鍵ハモ(=鍵盤ハーモニカ)の貸出しを行ったので
子供だけではなく、家族で参加された方が多かった。
鍵ハモで家族の絆が強まったかもしれない。
鍵ハモを久しぶりに演奏した方にも、鍵ハモの魅力を知っていただけたのではないだろうか。

鍵ハモの普及をめざし、貸出し用の楽器を多数ご用意して下さった(株)鈴木楽器製作所様、
鈴木楽器の内山さん
どれみクロスをご提供くださった(資)中善楽器様、
IMG_4028

IMG_4027
この催しでの貸出しと海外への寄付のために鍵ハモをご提供くださった皆様には、
IMG_4029
この場をお借りして、厚くお礼申し上げます。

 

 

 

12月20日(日)公演
市民劇『はるかにつながる空の下』では
橋本さんの演奏もお楽しみいただけます。
鍵ハモ100人隊に参加してくれた市民劇出演者の演技もご期待ください。
皆様のお越しをお待ちしています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。